カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

のん

Author:のん
しつこくTOEIC奮闘中・・・


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2人のTOEICパーフェクトスコアラーが贈る
「Part5対策&復習」作戦会議」に行ってきました。
2人というのは、OjiM監督とporporさんです。

かいつまんで内容をお話させていただくと。。。
最初にPart5の(8問)問題用紙が配られて
無事に全問正解でした。よかった。
実はあたしが絶賛やり込み中の
文法特急からの出題でした。
ちょっと見たことがあるなと思ったけど
すぐに気が付かなかったあたし(汗)
それで本題に入ると~

「効果のでない対策&復習とは?」ということで
問題点が5点上げられました。

問題点① 正解・不正解の確認だけで終わらせている
記憶に頼った解答をしている

問題点② テスティングポイント(出題の意図)に気づいていない
解説を読んで答えの根拠を理解していない

問題点③ 復習したことを忘れてしまう
次に解くまでの間隔が長い

問題点④ 文法の理解を避けている
なぜ文法的に正解なのか理解が足りない

問題点⑤ 復習をしない多解きをしている

これらを行うことで起こる心配点
積み残しがある可能性がある。
次のセットを解いたときに同じような問題で間違える

対策としては、上記の問題点の反対のことをやればいいわけで
と言っても文法の理解が足りない。とかって
文法が弱いとなかなか難しいですよね。。。

そして2人の復習理論がお披露目されました。

porporさんのスルメ理論

同じテキストを復習しないでただ何度も回すのでなく
問題文で解答個所でない部分のコロケを確認するとか
たとえば前置詞だけをとっても
その前置詞はどういうときに使われるか?とか
テスティングポイント以外でも
確認することがたくさんある。
人に解説できるようにまで理解を深める


OjiM監督の皿回し理論

復習の理由
1)Part5をいかに正確に解くか
2)解くスピードを高める
3)1度復習したことを忘れない

40/40をいつ解いても正解であることが目標
40問を1セットとして、
最初はテスティングポイントを確認(不正解だけ)
不正解の理由をうっかりミスとして片づけてはいけない
それはうろ覚えの証拠なのだから。

そして40問正解という1皿を回し
時間を計って最終的には5分で解けるまでにする
何皿も回っている状態であれば
試験前の復習でも短時間で復習することができる
※監督は実際に皿と棒を使って皿まわしを披露しました(笑)
問題の皿は、最高30皿を回していたそうです。
スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

この2人の理論を聞いて
あたしは両方取り入れることが必要だなと強く実感しました。

porporさんのスルメ理論は今実践している途中だけど
今は文章を早く理解して読めるように練習していて
まだまだ理解が足りていない状態です。

監督の皿回し理論は、40問を1セット毎日解くということは
この前の試験で黒本のPart5でやっていました。
でも時間は計っていなかったので、今度は時間を計ってやることにします。

このイベントに参加してまたモチベをいただきました。
そして今回の内容を参考にまたがんばっていきます。
OjiM監督、porporさん、ありがとうございました♪


コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 隠しコメントさんへ

YES。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。