カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

のん

Author:のん
しつこくTOEIC奮闘中・・・


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「ゆっくりぬるま湯練習していても
いつまでたっても速く弾けるようにならないよ。」
と速い曲があまり速く弾けない時に
ピアノの先生に言われました。

英語も同じで、ゆっくり読んでいてもいつまでたっても
早く読めるようにならないですよね。


昨日、安河内先生の「英語をはじめから丁寧に」を読んでいたら
コラムに(①巻 P115)
「昔からのんびり、マイペースでコツコツってセリフを耳にするけど、
次の入試まで間に合わなくなるかもしれないぞ。
もちろん長い時間勉強することは大切だけど、
ただ長くやればいいというものでもない。
勉強している時間の質を上げることが大切なんだよ。
・・・・
ゆっくりやらない。いつも急いでやるクセをつけてみよう。」

安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編 (東進ブックス 名人の授業)安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編
安河内 哲也


どんな練習でも負荷をつけるのは
レベルアップのためにも必要ですよね。

ピアノも家で練習するときはメトロノームをつけて
速い曲はいきなり早い速度で弾くのではなく、
ゆっくりから初めてメモリを(速度)を
1つずつ上げていって練習しています。

英語もゆっくりから始めてだんだ速度をあげていく。
ゆっくり読むのと早く読む練習をわけて
メリハリをつけてやっていかないとです。

そいういえば、以前安河内先生にサインをいただいたんだった♪
この本大好きなのでうれしいです。
(1、2巻両方にサインしてくれた
安河内先生サイン

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。